Port

Route & Itinerary

坂手港からスタート、オリーブ色の小豆島紀行

小豆島は瀬戸内海のブルーとオリーブのグリーンが鮮やかな島。今回は坂手港から巡ります。  香川県と岡山県の間にある小豆島は、瀬戸内海の島のなかで淡路島に次いで2番目に大きく、橋がないためフェリーでしかアクセスできないちょっとした隠れスポ...
How to

【瀬戸内国際芸術祭】高松港フェリー乗り場周辺完全ガイド

直島や豊島行きのフェリーが発着するサンポート高松は乗り場も多く迷ってしまいがち。そんな高松港を解説します。 チケットはフェリーと高速船それぞれの売り場で  高松港からは多くのフェリーや高速船が出航するため、乗船券を販売する窓口も...
Photo Gallery

【瀬戸内国際芸術祭】女木島の鬼ヶ島大洞窟、そして男木島灯台へ

もも太郎の伝説に結びつけられて「鬼ヶ島」とも呼ばれる女木島。そして映画『喜びも悲しみも幾歳月』のロケ地となった男木島灯台のある男木島。2つの島を写真で巡ります。
Photo Gallery

【瀬戸内国際芸術祭】澄み渡った青空の似合う島、豊島

瀬戸内海に浮かぶ豊島(てしま)は、その名の通り豊かな自然を感じられる美しい島です。豊島美術館へと続く道から見える棚田の景色には、心を揺さぶられます。
Photo Gallery

【瀬戸内国際芸術祭】オリーブと醤油の島、小豆島

瀬戸内国際芸術祭の会場の1つとなっている小豆島は、オリーブ栽培と醤油作りが盛んです。実写版『魔女の宅急便』のロケ地でもあります。
Route & Itinerary

新たな船出をする港町、気仙沼ウォーキング

気仙沼は宮城県の北端にある漁港の街。「海と生きる」気仙沼を散策します。  古くから三陸の沖合漁業や遠洋漁業の基地として栄えてきた気仙沼。それほど大きくはない街ですが、実はここには世界の海を駆け巡る漁師さんたちが住んでいます。 ...
Route & Itinerary

高松でアーティスティックな庭園と港めぐり

関西から日帰りで行くことができる高松は、瀬戸内海の青と庭園の緑に彩られた街。うどんも美味しい。  香川県の高松は、瀬戸内海の島々への玄関口の1つであり、近年は瀬戸内国際芸術祭で訪れる人も増えています。  大阪からは車やバスで約3...